男性用と女性用育毛剤の違いは何かあるの?

MENU

男性用と女性用の違いは?

男性用と女性用育毛剤の違いは?

男性用と女性用の育毛剤では、共通している成分もありますが、大きく違う成分もあります。それは、男性と女性の薄毛悩みは原因が大きく異なっているためです。

 

特に男性はホルモンバランスが関係して薄毛になっている方も多いので、ホルモンに働きかける成分「ミノキシジル」などが配合されているものも多いですね。これは女性の場合、副作用を起こす危険性もありますので使用には注意が必要です。

 

女性用の育毛剤は、女性ならではのデリケートで乾燥しやすい頭皮に働きかける仕様となっていますので、専用のものを選んだ方が安心ですし、効果も実感しやすいでしょう。

男性用のものを使用すると頭皮環境を悪化させる恐れもありますので注意しましょう。

関連ページ

効果は何か月で分かる?
育毛剤の効果の実感は個人差が大きい問題でもありますので、何か月で確実に変わる、ということは言えません。ですが、基本的には半年程度を目安に考えると良いと言われています。
どんな効果が得られるの?
育毛剤で得られる効果としては、「抜け毛が減る」「髪にハリやコシが感じられるようになる」「髪全体のボリュームが増える」「頭皮が健やかになりトラブルが減る」といったことが挙げられます。
無添加の女性用育毛剤は効果ある?
無添加というのはあくまでも、頭皮に負担をかける成分を排除してあるものであり、育毛に有効な成分はしっかり配合されています。そのため、無添加処方の育毛剤だから効果が実感できないということはありません。
対象年齢は何歳位?
女性用育毛剤は、基本的には対象となる年齢はありません。例えば20代でも、産後や病後、あるいはストレスなどによる抜け毛に悩まされている方はいます。頭皮への優しさにこだわった安全性の高い育毛剤なら、そのような状況の方でも安心して使うことができます。
どこにどのように塗ったら良い?
育毛剤の塗布方法ですが、基本的には分け目に塗布し、指で全体に馴染ませていく方法になります。特に薄毛が気になる部分を中心に塗っていくことになりますが、例えば頭頂部から薄毛が進行している場合でも、頭皮全体がダメージを負っている可能性はあります。 つまり、頭頂部の薄毛が、いずれは頭皮全体の薄毛に繋がる可能性もありますので、できれば頭皮全体に行きわたるように使用するのが効果的と言えるでしょう。気にならない部分にも使っておくことで、将来の抜け毛を予防するのに役立ちます。
妊娠中や授乳中でも使えるの?
ホルモンバランスが一気に変化し、赤ちゃんに栄養を届けなければならない妊娠中や授乳中に、ひどい抜け毛に悩まされる女性は少なくありません。このような時期の育毛剤の使用は、慎重に選べば、特に問題はないと言われています。