AGA治療は早い段階で行う方が効果的です。

ハミルトンノーウッドの分類

男性型脱毛症のプロセスを分類したものです。薄毛の進行度を判定する指標として用いられ、Ⅰ型〜Ⅶ型まで、数字が大きくなるほど進行している事を示しています。
正常範囲。抜け毛は増えているが、再生が追いついている。脱毛は始まっているが気付かない程度。
前額部が少し後退し、薄くなったと実感し始める時期。抜け毛の量が増え、前頭部の密度が減っている。
前額部の後退が進み、局所的に地肌が露出している場合もある。進行が一時的にここで停滞する場合が多い。
前額部の後退が更に進み、頭頂部まで薄毛が続いている。髪全体のボリュームも少なくなり、局所的に地肌が見え始める。
前額部のと頭頂部が、まばらな毛髪はあるものの、地肌の露出部分がつながり始める。
正面から頭頂部にかけて、肌の露出は激しくなる。さらに横、後ろへと進行している。
わずかに髪が残っている状態。毛母細胞が死んでいる場合が多く、発毛は非常に困難になる。
貴方はどの分類に入りますか。Ⅰ型でも結構気にする人がいますが、少し抜け毛が多いくらいで、通常は気付かない人の方が多いようです。Ⅱ型では気にしない人は殆どなく、特に年齢の低い人にとっては深刻な状況です。Ⅲ型、Ⅳ型では、常に人の視線が気になるようになり、カツラや増毛の使用者が多くなります。脱毛の進行は早く、数年でX型に進行します。Ⅴ型、Ⅵ型になると、通常は発毛も難しい状況ですが、レオンでは、特に問題とせず発毛が可能です。Ⅶ型ともなると、一昔前まで、発毛したら奇跡と言われていましたが、レオンにお任せ下さい。